SVSocial Value

SOCIAL VALUE共有インフラ

SKハイニックスは共有インフラを通し、半導体の生態系を強化し、究極的には社会全体の価値を増大させるために努力しています。

共有インフラの概念

共有インフラとは、SKハイニックスが保有する有/無形の資産を活用可能な状態で共有し、これを通し新たな経済的価値を創出することを意味します。

共有インフラの概念

共有インフラによるグループのダブルボトムライン(DBL)の確保

経済的価値
  • 個別OC次元の効率性を超えた 'グループ次元の効率性の向上'
  • 共有インフラがグループを越え、外部パートナーにまで拡張されることで 'グループの競争力向上'
社会的価値
  • 国家レベルの効率性を高め、 '国家競争力の向上'に貢献
  • 中小企業に良質のビーズインフラにアクセスする機会を提供することで '両極化の傾向の緩和'に貢献

共有インフラの推進方向

SKハイニックスは、オープン型生態系の発展のために、半導体専門人材と技術力を集結したHubプラットフォームの構築のために努力しています。新しい試み、様々な研究経験を通じて育成された人材は、半導体の生態系の体質や力量を強化する基礎となります。

半導体アカデミー SKハイニックスが30年以上の間に蓄積した現場の知識とノウハウを90社以上の協力会社と共有する半導体アカデミーは、大韓民国最高の半導体専門教育機関です。
分析/測定の専門センター SKハイニックスの最新の機器とノウハウをベースに分析した高品質の分析データは、協力会社の技術力をサポートしています。
半導体創業センター 新しい社会的価値を創出できるメンバーのアイデアを発掘し、実際にビジネス化することができるよう、ベンチャーコンサルティングなどの専門諮問までサポートするプログラムです。
共通課題の研究開発センター 共通課題の研究開発センターは、課題を中心にSKハイニックス、協力会社、大学など統合的な協力を通じて、分野別の能力が共有され、将来の技術を適期に確保するための研究インフラです。