CSR

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITYManagement System

Green Product Management

Green Product Information Management System

Green Process Management System Process flow

Green Supplier Management

GSCM構築背景

最近EU RoHSを始めREACH、WEEE、EuPなど国際環境規制の増加によって製品内有害物質管理の重要性が高まることになった。それでSK hynixはSK hynixと供給社間の環境に優しい製品の品質関係を強化することで、早く変化する国際環境規制を先に読んで対応するという目的で、協力社の環境に優しい管理システムGSCM(Green Supplier Chain Management)を構築することになった。

定義

Green Supplier認証が許可された協力社というのは、SK hynix製品を構成する部品および原材料がSK hynixが規定した環境有害物質管理基準に合い、これを改善および維持できる組織および管理体系を持っている協力社を意味する。

適用範囲

SK hynix製品に用いられる原材料および部品を供給する協力社

目的

部品、原材料など実材料環境有害物質管理および協力社管理システムの構築・点検を通じて、Green Semiconductor基盤構築および国際環境規制に戦略的対応、顧客の環境に優しい製品要求を満足させることを目的とする。

運営方案

環境有害物質管理

Audit(環境品質監査)、Certificate(企業認証)

認証手続き

  • 原材料会社
  • A
  • 原副材料協力企業
  • B
  • SK hynix IQC/GPA
  • C
  • SK hynix GPA
A
  • 分析試験成績書
  • 未使用証明書
  • 検証用試料
  • 改善計画書
    (必要時)
B 1. Qual 認証時
  • 分析試験成績書(更新周期1年)
  • 検証用試料
  • 改善計画書(必要時)
2. Mass入庫時
  • 分析試験成績書
  • 製品構成物質成分表
  • 環境有害物質
    管理基準表
  • RoHS六大物質分析表
  • 環境保証書
  • MSDS
3. 環境管理、システム評価
C 1. 認証用件確認
  • 分析試験成績書
  • 製品構成物質成分表
  • 環境有害物質 管理基準表
  • RoHS六大物質分析表
  • 環境保証書
  • MSDS(物質安全保健試料)
  • 環境に優しい管理システム構築
    (審査結果:80点)
2. 認証書発行

Green Partnership

原材料企業と対話および情報共有

  • 定期的な環境説明会開催
  • 国際動向および企業対応方向説明
  • ハロゲンフリー、REACH規制への具体的な企業の対応方案説明
  • 原材料企業の現況点検及びアドバイス

定期的な評価および賞罰制

  • 原材料企業の環境情報共有や工程管理など、対応度を客観的に評価。
  • 対応によって賞罰加減点付与。
  • 直接的に取引量に影響を与え、企業の自発的な環境管理を誘導している。

オーダーメード型企業管理

  • 情報確保および経済条件が弱い中小企業への別度訪問、または会合を通じた教育実施

LCA電算システム

SKハイニックスは、2010年にLCA電算化システムを構築して以来、DRAMと Nand Flash Memory 製品についてLCA評価を行っており、2011年現在、DRAM モジュール製品評価のためにシステム範囲を拡大しています。 今後、LCA電算化システムを通じて顧客が望む環境情報を提供することに努力してまいります。