CSR

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY倫理経営

SKハイニックスの構成員が倫理的思考を有し、その実践を体質化して倫理経営を企業文化として定着させることに注力しており、これによりグローバル倫理企業としての地位を確固たるものにできるよう努力しています。

倫理経営の宣言

SKハイニックスは、倫理経営の時代的当為性を認識し、倫理的・合法的に職務を遂行するとともに、公正な取引秩序を確立して、社会的な責任を果たす透明かつクリーンな企業文化を目指す。

  1. 01.全ての経営活動は、倫理的価値観を基盤に、地域社会、国家及び国際社会の法規と慣習を遵守する。
  2. 02.透明かつ公正な取引秩序を確立して不正・腐敗をなくす。
  3. 03.倫理経営を企業文化化し、協力会社への伝播に取り組む。
  4. 04.倫理経営のための担当組織を設置して実践システムを構築し、持続的な改善に努める。
  5. 05.この宣言の効率的な履行のために、これを利害関係者に公開する。

倫理綱領および実践指針

[倫理綱領]

SKハイニックスは企業経営においてSKMSに基づき、顧客、構成員、株主、BP、地域社会、国家などの様々な利害関係者の価値創出に努め、社会経済の発展に向けて核心的な役割を果たすと共に、人類の幸福に貢献する企業経営を実践する。このために、倫理経営の宣言及び倫理綱領を制定し、構成員の経営活動における意思決定と行動実践の判断基準にする。

全て見る

[倫理綱領実践指針]

この指針は、構成員が「倫理綱領」の内容を正しく理解し、実践できるよう、業務遂行中に発生しうる倫理的葛藤状況に対して意思決定と行動の判断基準を定めたものである。

全て見る

共存倫理経営ガイドライン

SKハイニックスは、協力会社とともに公正かつクリーンなパートナーシップの形成に尽力しております。 そのために、SKハイニックスの構成員は倫理規範にしたがって下記の通り順守することを約束します。
SKハイニックスのビジネスパートナーとして下記事項を順守に積極的に賛同いただけるようお願いします。

  1. 01.協力会社に対し、慶弔事の通知、慶弔金の受領、贈り物の授受を行わないこと、食事および各種費用は各自で負担すること。

    • 金銭、贈り物、慶弔金、酒宴、食事、観光、ゴルフなど金品や供応の提供および接待
    • ビジネスの範疇を逸脱した交通、イベント支援、宿泊などの便宜提供
    • 代理決済、融資保証など負債の償還または保証
  2. 02.透明性のある取引のために契約書を順守し、協力会社の社会的責任政策、制度改善活動に共に取り組みます。

    • 契約書で定めた購買、工事代金の適時支給
    • 協力会社構成員の賃金適時支給、厚生、環境、保健、倫理など社会的責任活動を順守
  1. 03.取引の持続を口実とした不公正な契約を強要する行為を行いません。

    • 納品単価、納期算定など契約過程の中での圧力や越権行為
    • 入札情報の流出、すてみつ、無資格取引業者の登録、不当な物量の集中的発注など不合理な業務処理
  2. 04.不当な人事、購買の請託を受けません。

    • 元、現構成員およびその家族、親戚の採用、昇進など人事の請託
    • 取引成就の約束、退職後の雇用約束など将来に対する保障
  1. 05.営業機密など知識財産権を保護します。

    営業機密、技術および装備開発情報、顧客情報などの非公開情報

  2. 06.中核人材の流出を主導または協力する行為をいたしません。

    組織現況、従業員の身上情報など関連人事情報

  1. 07.協力会社などのステークホルダーとのコミュニケーションの際に、ビジネスエチケット、マナーを順守します。