CSR

CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY人間中心の保健システム構築

作業環境の管理

SK ハイニックは作業環境による構成員の健康障害を予防して快適な事業所を構築するために、半年に1回の異常作業環境測定を行っています。
測定の前、構成員に暴露される可能性にある有害因子を調査し、測定期間の間、測定機関、労働組合、保健管理者が共にその過程および結果の透明性と信頼性を確保しており、測定結果を構成員と共有しています。

筋骨格系への有害要因管理

SK ハイニックは、より最適な作業環境のために、筋骨格系への有害要因を管理しています。2004年から定期・随時の筋骨格系への有害要因を調査中であり、筋骨格系疾患を予防するために、健康体操教室、痛みを訴える者の管理、物理治療室の運営、重量物の扱い環境の改善など、バライティーな管理プログラムを実施しています。

健康管理

健康管理

SK ハイニックは構成員の健康を管理するために、健康管理室および社内附属医院の24時間運営とざまざまな健康管理プログラムを行っています。
産業安全保健法に基づく一般および特殊検診と、福祉事項で提供される総合検診により、構成員の健康状態を評価し、喫煙、飲酒、肥満などから発生しうる疾患を事前に予防するための健康増進プログラムを運営しています。
その他、精神健康のための心理支援活動、重症疾患と診断された構成員のための「健康を守る会ご相談センター」の運営など、その貢献度が認められて雇用労働部から健康管理優秀事業所認証を取得・維持しています。

健康を守る会ご相談センター

健康を守る会ご相談センター

予想外の疾病などが生じたときは、慌てたり恐怖などから来る混乱への正確な治療計画立て方と治療への不安を除くことが何よりも大切です。
SK ハイニックはこのような混乱に見舞われる構成員たちと、治療後のセルフケアー中の構成員たちに最適な治療と事後管理サービスを提供するため、「健康を守る会ご相談センター」を運営しています。

こころのお散歩

こころのお散歩

SK ハイニックは、さまざまな精神健康に対するサービスを提供して構成員の精神健康の管理および事業所内での精神健康関連の事故を予防しています。
職務ストレスの測定および一対一相談を通じて構成員の作業ストレスを管理し、特殊検診・睡眠障害の有所見者を対象とした管理プログラムの運営など、チーム仲間たちの葛藤を予防しています。他にも、精神健康のための心理治療支援活動として、毎月全社の従業員を対象に多様なテーマの精神健康情報を提供しています。

人間中心の化学物質管理(MSDS)

SK ハイニックは化学物質を安全かつ適正に扱うため、持続的な化学物質管理政策を運営しています。
入庫される化学物質は、法的事項および構成員の健康影響物質への事前検討とMSDS信頼性検証作業を行っています。このようなMSDSに基づき、警告表示・作業工程別管理要領の製作および配布を行い、化学物質に対する情報を誰もが確認できるように現場に用意・掲示しています。
SK ハイニックは、化学物質の有害性・危険性を構成員たちが理解しやすいように専門化教育および自主教育を行い、安全かつ健康な作業環境を提供しています。