About us

ABOUT US会社概要

SKハイニックスは、利川市、清州市の韓国国内の事業所をはじめ、中国の無錫市(无锡 )、重慶市(重庆 )に4ヶ所の生産法人と、アメリカ、イギリス、ドイツ、シンガポール、香港、インド、日本、台湾、中国などの10ヶ国において販売法人を運営しており、イタリア、アメリカ、台湾、ベラルーシなどにおいて4つの研究開発法人を運営しているグローバル企業です。約30年にわたり蓄積してきた半導体生産運営ノウハウをベースに持続的な研究開発および投資による技術およびコスト競争力を確保し、世界の半導体市場をリードするための努力を続けております。

会社情報

企業名 SKハイニックス 代表取締役 Park, Sung-Wook
設立日 1983年 2月 業種 半導体素子の製造および販売
本社所在地 京畿道 利川市 夫鉢邑 京忠大路 2091 製品およびサービス
  • Memory semiconductor
    DRAM, NAND Flash, MCP(Multi-Chip Package), etc.
  • System semiconductor
    CIS(CMOS Image Sensor), etc.

半導体は、IT産業の動力であり未来です。

半導体を使用しないIT製品はなく、半導体の性能がIT製品の性能を決定付けることもあります。1983年に設立されたハSK hynixは、PCやモバイル製品など各種IT機器に必須で搭載されるDRAMとNAND型フラッシュのようなメモリー半導体を主に生産、供給する企業です。1984年に韓国で初めて16KbのSRAMを試験生産して以来、世界最初・最小・最高速・最低電圧の革新的なメモリー半導体を継続的に市場に提供しています。
世界メモリー半導体2位、世界最大半導体市場である中国でDRAM部門1位を占めるなど、SK hynixは、韓国はもちろん世界IT産業の未来をリードしています。

IT機器のスマート化およびモバイル化はさらに高度化した半導体の特性を求められています。SKハイニックスは、これに対応するための技術リーダーシップを確固たるものとすると同時に高付加価値のプレミアム製品市場においても製品競争力をさらに強化させています。 特に、モバイルやサーバー、ストレージソルーションなどの重要性が益々高まっている分野においてもトップメーカーの地位を確立すべく休むことなく走り続けております。 一方、DラムとNAND型フラッシュメモリを超え、PCラムやSTT-Mラム、Reラムのような次世代メモリ技術に対する準備を基に新たな市場をリードしていきます。

事業分野

DRAM

絶え間ない研究開発で業界最高水準の微細工程技術を確保しているSKハイニックスは、厳格な品質管理により、世界最高の性能と安定性を備えたDラム製品を生産しています。
PC•ノートパソコンなどに使用されているPC Dラム、データセンターの大規模なサーバーなどに使用されているサーバーDラム、消費電力が少なく、スマートフォンなどの各種携帯機器に適したモバイルDラム、大量のデータを高速に処理することができ、グラフィックデータ処理に使用されるグラフィックDラム、様々なデジタル機器の動作に必要なコンシューマーDラムなどが主な生産製品です。
また、顧客が要求するDDR2-DDR3-DDR4インターフェイスをサポートする多様な製品群を提供しています。
SKハイニックスは、革新的な研究開発を通じて、業界最高の技術力を維持し、顧客の多様なニーズを満たす製品を開発し、世界Dラム業界をリードしていくつもりです。特に、従来の製品より消費電力が少ないながらも、容量と処理速度が大幅に向上した大容量・高性能・低消費電力のプレミアム製品を持続的に開発しています。

NAND Flash

MP3•PMP•デジタルカメラ•ナビゲーションなど、単純なストレージデバイスとして使用されたNAND型フラッシュは、最近、スマートフォン•タブレットPC•SSD(Solid State Drive)などで応用先が多様化されている傾向にあります。業界をリードするレベルの技術力と市場支配力を備えたSKハイニックスは、これらの変化に合わせ、データ処理速度を向上させ、ストレージ容量を増加させた製品を持続的に開発しています。
MLC(Multi Level Cell).TLC(Triple Level Cell)など、最新のNAND型フラッシュを生産しており、128Gb〜512Gbまで幅広い容量の製品群を保有しているSKハイニックスは、NAND型フラッシュ単品はもちろん、MCP(Multi Chip Package)、内蔵型(Embedded)NAND型フラッシュSSDなどを通じて、お客様の多様なニーズを満たす最高のNAND型ソリューションを提供しています。

CIS

SK hynixは 2007年末 CIS(CMOS イメージセンサー) ビジネスに再進出しました。
各種 IT 器機で電子フィルム役目をする非メモリー半導体であり、 非メモリー半導体でも生産工程がメモリー半導体技術と最も連関の多い製品です。SK hynixはメモリー半導体分野で蓄積した技術競争力を基に CIS ビジネスに成功的に進入しました。
CISを通じた映像情報の活用は今後より増える見込みです。SK hynixで生産される CIS 製品は携帯電話・スマトフォーンカメラはもちろんウェブカメラ、 医学用小型撮影装備など多くの分野に供給される予定です。SK hynixは顧客の多様な要求に合う製品を供給するために高画素微細工程技術を確保するなど CIS ビジネスの新たな場を開けようとします。